スタッズ一本鞭 【「悪の華」 Les Fleurs du Mal 】

¥ 35,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料1円が掛かります。

※55,000円以上のご注文で送料が無料になります。

スタッズ一本鞭 【「悪の華」 Les Fleurs du Mal 】

悪の華をモチーフにした総スタッズの一本鞭です。

『悪の華』(あくのはな、フランス語: Les Fleurs du mal)は、シャルル・ピエール・ボードレールの詩集(『悪の花』とも)。
詩人の生誕から死までを退廃的、官能的に表現する。ボードレール唯一の韻文詩集。象徴主義詩の始まりとされ、各国の詩人たちに多大な影響を与えた。

「悪の華」 Les Fleurs du Mal はボードレ-ルが発表した唯一の韻文詩集である。だがそれは万巻の書にも匹敵するインパクトをもった。それほど、西洋の詩の歴史にとって、この詩集の持った影響力は巨大であった。この詩集は19世紀から20世紀にかけて、西洋に留まらず、世界中の詩人たちにインスピレーションを与え続けたのである。

「悪の華」の初版が出たのは1857年、時にボードレールは36歳であった。詩人としては遅いデヴュであった。だがボードレールが実際に詩を書き始めたのは20歳台始めのことであると思われる。それらの詩は24歳の年から断片的に発表されている。初期の詩は、インドに向かう旅行から着想を得たものが多い。

1845年10月、「レスボスの女たち」 Les Lesbiennes という題名で詩集の刊行を予告し、著者名としてボードレール・デュファイ Baudelaire Dufays と署名していたが、これは未完に終った。理由は明らかではないが、満足できる詩がまだそう多くは出来上がっていなかったことが原因だろうと思われる。

1848年11月、「冥府」 Les Limbes の題名で詩集の刊行を再予告したが、これも実現しなかった。だが1851年4月に、この総題のもとに、詩11篇を雑誌に発表している。

1855年6月、「悪の華」の題名のもとに、詩18篇を雑誌「両世界評論」に発表。これが今日見る「悪の華」の原型とされる。そして1857年6月「悪の華」初版が刊行されるのである。

「悪の華」初版は、序詩のほか100篇の詩を収めていた。うち52篇は未発表のものであった。この初版は、次のような構成のもとに詩を配列していた。

・Spleen et Ideal (憂愁と理想)
・Fleurs du mal (悪の華)
・Revolte (反逆)
・Le Vin (ワイン)
・La Mort (死)

これらの題名から、ボードレールの詩の雰囲気がイメージとして伝わってこよう。だが詩集の中にある6篇の詩について公序良俗違反を問われ、ついに詩集は出版禁止、ボードレール自身は300フランの罰金刑に処せられたのである。

1861年2月、ボードレールは初版から問題の6篇を削除、新たな詩32編を加えて再版を刊行した。これが今日流通している「悪の華」の決定版といえるものである。初版にあった5つの小題は6つに増やされ、Spleen et Ideal の後に Tableaux Parisiens (パリ光景)が加えられた。

ボードレールの死後、未発表のものなどを加えて、第三版ともいうべきものが刊行された。その際、再版で除かれた6篇の詩も、 Pieces Condamnees (受刑した諸篇)と題して収められた。

沢山のスタッズを、ボードレールの散文詩に見立ててみました。
丁度いい長さなので打ち回しに特化した鞭です。
スタッズの重さが有りますのでサイズにしてはかなりヘビーな打ち応えです。
バラ部分で軽く打ってもボディを当ててズンともいける利便性のある作品です。
シンプルですが飽きの来ない普遍的なデザインになったかと思います。

全長・80cm
キーパーツ・5cm(シルバー)
ボディ・55cm 全面スタッズ(ラウンド。カラーシルバー) 本革ブラック 4pt
グリップエンド・ブラック 本革 4pt
テール・ブラントカット 20cm(カスタムでここにスタッズも付けられます)

愚行と錯誤、罪業と貪欲とが
  我らを捕らえ 我らの心を虜にする
  乞食が虱を飼うように
  我らは悔恨を養い育てる

  我らの罪は深く 我らの悔いはだらしない
  気前良く信仰告白をするごとに
  心も新たに汚辱の道に戻っていく
  ひとしずくの涙で罪を洗い流したように

  悪の枕元ではサタン・トリスメジストが
  我らのとらわれた心を揺さぶり
  我らの鉄の意志さえも
  錬金術で霧消させる

  我らを操る糸は悪魔の手にある
  おぞましきものに心をとらわれ
  日ごと地獄へと落ちていく我ら
  恐れもなく 悪臭放つ深淵を横切り

  放蕩者が年老いた売奴の乳首を
  食らいつき しゃぶりつくすように
  道々ひそかな快楽を盗み取っては
  干したオレンジのように噛み締めるのだ

  夥しい蛆虫のように群をなして
  我らの頭には悪魔の手下どもがうごめいている
  我らが息を吸い込むたび死は我らの肺に入り
  見えない流れとなって下りていく

  強姦、毒薬、短剣、放火
  これらを痛快な絵柄にして
  我らが自らを描かないのは
  まだまだ大胆でないからだ

  ジャッカル、パンサー、猟犬ども
  猿、さそり、ハゲタカ、へび
  吼えつつうごめくこれらの怪物
  我らが悪徳の獣たちの中でも

  ひときわ醜く、性悪で、汚いやつがいる
  大げさな身振りや大声は立てないものの
  好んで大地を廃墟と化し
  世界を一飲みでのみ込むやつだ

  それは倦怠というやつだ
  水タバコをふかしながら断頭台を夢見る
  この怪物を 読者よ君も知っていよう
  偽善者の読者よ、わたしによく似た人びとよ

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する