装飾鞭 【悪徳の栄え】 l'Histoire de Juliette ou les Prospérités du vice

¥ 27,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料1円が掛かります。

※55,000円以上のご注文で送料が無料になります。

装飾鞭 【悪徳の栄え】
 l'Histoire de Juliette ou les Prospérités du vice

サド侯爵 (Marquis de Sade) が1787年に著した小説をモチーフに致しました。

”サディズム”という言葉の由来になったほどの作家の小説ですから、ムチがイメージされると思うのですが、そんなもんじゃすまないぐらいひどい描写が延々続く小説です。


Juliette


パンテモンの修道院で暮らす13歳のジュリエットこと〈あたし〉は、デルベーヌ夫人という院長からひそかに性の手ほどきを受け、どんどん悪徳の道を突き進んでいくこととなったのでした。

父が破産し、両親を失って修道院を追い出されてからは、清く正しく生きたいと思う妹ジュスティーヌと袂を分かち、迷うことなく水商売の世界へ飛び込んでいった〈あたし〉。

”初物”を売り物にして荒稼ぎしていた〈あたし〉は、やがてその悪党ぶりを見込まれ、ノアルスイユというお金持ちに目をかけられるようになりました。

実は、このノアルスイユこそ、〈あたし〉の父を破産させ、死に追いやった張本人だったのですが、それを知ってもなお〈あたし〉は悪徳を重んじるノアルスイユに惹かれていきます。

「ああ、そんなことあたしに何の関係があるのでしょう? あたしはすべてを感動によって判断します。あなたの兇行の犠牲となったあたしの家族は、あたしに何の感動も生ぜしめてはくれませんでした。けれどあなたがあたしにしてくれたあの犯罪の告白は、あたしを熱狂させ、何とお伝えしていいか分らないほどな興奮の中へ、あたしを投げこんでくれました」(上巻、58ページ)

ノアルスイユを通して、サン・フォン氏という権力を牛耳る大臣と知り合いになった〈あたし〉はどんどん悪徳を吸収し、ノアルスイユに飽きられたノアルスイユ夫人の殺害に嬉々として参加します。

みんなでよってたかってノアルスイユ夫人をムチで叩き、痛めつけ、辱めた後、アルコールをかけて焼いて殺してしまったのでした。その恐るべき行動の中で、〈あたし〉たちは興奮を感じていたのです。

誰も思いつかないような残酷な殺害計画を思いつく〈あたし〉はやがて、サン・フォン氏からも気に入られ、可愛がられるようになっていったのでした。

ある時〈あたし〉は、ただ快楽のためだけに道端でピストルをぶっ放し、可哀想な女性を殺してしまったのですが、サン・フォン氏の口聞きですぐさま警察から解放されます。

サン・フォン氏は、下層階級の人間は上流階級の人間とはまったく別の存在であり、力のない者は力のある者に好き勝手にされて当然だと思っているので、〈あたし〉の行動をかえって面白がったのでした。

要するに下層階級の人間というのは、森の猿より一段上にいる種族に過ぎないのだ。この猿から下層階級までの隔たりは、下層階級から上流階級までの隔たりと、まったく等しいのだ。元来、あらゆる生物にきびしい段階を設けている自然が、人間のあいだにだけ、この段階を無視したとしたら、かえってふしぎではなかろうか?
(上巻、180ページ)

やがて18歳になった〈あたし〉は、ノアルスイユ、サン・フォン氏に次ぐ、3人目の悪徳の師匠とも言うべき、大柄で美しい未亡人、クレアウィル夫人と出会います。

女を愛し、気に入った男は殺さなければ気がすまないクレアウィル夫人と愛しあい、親しくなり、ついに「犯罪友の会」に誘ってもらったのでした。

あたしがメンバーになっている会では、もっと凄い淫猥な暴力沙汰が行われているのだけれど、あなたをそこの会員に迎え入れてあげましょう。その会では、夫はすべてその妻を、兄はすべてその妹を、父はすべてその娘を、独身者はすべてその女友達を、恋されている男はすべてその情婦を、連れて来なければならないのよ。大きな広間に集まって、めいめいがもっとも気に入ったことをして楽しむのだけれど、各自の欲望以外には何の規則もなく、各自の想像力以外には何の束縛もないわ。外道に走れば走るほど、あたしたちは称讃に値する人物となるのよ。(上巻、161ページ)

「犯罪友の会」の会員として認められた〈あたし〉は、いとも簡単に残虐な行為が行われる、そのおぞましい会合でも、愉快に悪徳の道を楽しみます。

そんな欲望と退廃に満ちた暮らしが続いていき、〈あたし〉が22歳になった時のこと。サン・フォン氏が恐ろしい計画を〈あたし〉に打ち明けました。

フランスには人口が多すぎるから、穀物を買い占めて、国民の三分の二を餓死させたら面白かろうというのです。

悪徳を愛する〈あたし〉でも、それを聞くとさすがにぞっと震えあがってしまいました。サン・フォン氏は、そんな〈あたし〉の様子を見て、何も言わずに帰って行きます。

やがて、ノアルスイユからメモが届きました。〈あたし〉が心の中の美徳を覗かせてしまい、サン・フォン氏の寵愛を失ってしまったから、逃げた方がいいと言うのです。

おれの教育した女が、魂の弱味をさらけ出そうとは、思いもよらなかった……今まであんなに見事に行動していた女が……今さらおまえの優柔不断をつぐなおうたって、それは無駄だ。大臣はもうけっしておまえを甘やかしてはくれまい。ほんの一寸した心の弱さがおまえの命取りになったのだ。この上は、手紙を受け取り次第、一刻も早くパリを離れるがよい。(上巻、299ページ)

サン・フォン氏の元から逃げ出した〈あたし〉は、身をひそめている時に出会ったロルサンジュ伯爵と結婚し、頃合いを見計らって毒殺した後、イタリアへ渡って・・・。

はたして、悪徳の道を突き進み続ける〈あたし〉を待ち受けている、思いがけない出来事とはいかに・・・・・。


ビビッドピンク、フレンチパープルにシルバーの革にブラックのレース加工を施してる鞭です。

ハンドル部分のパープルの編み目に両側3発づつ、ゴールド枠のクリアジェム(キラキラ)スタッズが付いて居ります。

グリップエンドはパープルベースにゴールドのチェーンが巻き付いており、中心部分にはキラキラと揺れ動くストーンのチャームが付いております。

テール部分にもグリップと同じスタッズが3つ×3(9個)付けてあります。
先端はリボンカットです。

本体とテールの間には本体部分に使用したものと同じレースを使ってリボンになっております。

全長・80cm
キーホルダー部分・5cm
本体・4pt 60cm
テール・3pt 15cm

コチラの鞭は若干グリップが細めで、革もしなやかで振り心地は軽めです、が
先端にスタッズが付いておりますので金属の痛みがプラスされます。

サドの代表作として語られることが多いのは、何と言ってもジュリエットという娘が、売春宿など、裏の世界でいきいきと生きていく姿を選んだ『悪徳の栄え』です。

しかし、このジュリエットの物語は実は続編であり、前編にあたり、対になる妹ジュスティーヌの物語があるんですね。

姉妹であるジュリエットとジュスティーヌは、裕福な商人の元に生まれ、由緒正しい修道院で何不自由なく暮らしていました。

ところが、父親が破産して行方不明になり、母親が亡くなると、わずかなお金をもらって修道院を追い出されてしまったのです。

早々と自分の美しさと肉体を武器に、悪徳の道へと足を踏み入れていった姉のジュリエットとは対照的に、神を信じる妹のジュスティーヌは美徳を重んじ、清く正しく生きていこうと心に決めました。

ところが、美徳は報われると信じ続けるジュスティーヌの思いは裏切られ、心根の悪い人々から次から次へと痛めつけられ、ひどい目にあわされ続けることとなって・・・。

純粋無垢な妹ジュスティーヌの物語と、自ら進んで悪徳にふける姉ジュリエットの物語が対になることによって、美徳と悪徳が対比的に描かれる、そういう一連の作品になっているんですね。

ジュリエットの物語は『悪徳の栄え』ですが、ジュスティーヌの物語はやや複雑な事情があって、3つのバージョンが残されています。

まず、バスティーユの牢獄に入れられていた時に書かれ、サドの死後に発見されて発表されたのが、「原ジュスティーヌ」とも言われる中編『美徳の不幸』("Les Infortunes de la vertu")です。


コチラの作品は、【美徳の不幸】
Justine ou les Malheurs de la Vertuと、セットでお買い上げ戴ける場合はお値段が2本セットで45000円になります
(売り切れ次第終了です。)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する