七つの大罪シリーズ eyerus×MADコラボ 強欲 【Mammon】マモン

¥ 46,666

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料1円が掛かります。

※55,000円以上のご注文で送料が無料になります。

七つの大罪シリーズ eyerus×MADコラボ 強欲 【Mammon】マモン


マモン(Mammon)はユダヤ教、キリスト教に伝えられる悪魔。七つの大罪において強欲を司るといわれる。


別名はマンモン、アマイモン(Amaimon,Amaymon)。
コラン・ド・プランシーの「地獄の辞典」ではアマイモンが独立した悪魔として紹介された。
グリモワールのひとつ「ゴエティア」では、マモン(アマイモン)は七十二の堕天使を支配し、アスモデウスを副将に置く地獄の東方の王と記される。また中世以降多くの書物において図像を含めて言及されたことから広く巷間に流布し、16世紀の悪魔学者ペーター・ビンスフェルドによって七つの大罪に関連付けられた。
本来マモンはアラム語で「富、金」を意味する言葉でしかなかった。
だが新約聖書「マタイによる福音書」六章と「ルカによる福音書」十六章において“あなたがたは神とマモンとに仕えることはできない”と、富への執着の擬人化表現として使われ、それを後代の神学者や教父が悪魔の名前と誤解したことが悪魔マモンの起源というのが有力である。
現代でも辞書をひも解けば、上記聖書を典拠としてマモンという名詞は“拝金主義(mammonism)”や“拝金主義者たち(worshipers of Mammon)”等、富を卑しめた表現または悪徳としての富を指す言葉、そして富・強欲の化身として扱われている。


先端のプロヴィデンスの目はeyerus氏の作品です。


マモンはお金に纏わる悪魔ですので、お金を牛耳るモノを先端に、グリップエンドには二種類のチェーンを付けて、お金が零れ降ってきている様な感じのデザインに致しました。
豪華な感じでダイアモンドパイソンにゴールドの牛革です。

カスタム乗馬鞭

先端8cm 両面スタッズ付き
二色リボン ゴールド×ブラック
本体 ブラック×ゴールド 4pt 47cm
キーパー(蛇革) 2cm
グリップ ブラック 10cm
グリップエンド(蛇革)4cm
チェーン (最長)40cm

時間の故の数刻に

 夢見るモノは追うモノで在って

 充たせぬ欲で充たし乍も

 機構の抱きは吝嗇へ

 物欲しげに泣き叫ぶ事は 嬌声で

 既に支配は 恍惚に

 隷属の快楽は 流行り病を垂れ堕ちて

 詰まった偽善が匂い立つ

 使う為だけ 崩壊させいけ

 蜜蜂は蜜蜂として

 仮初めの価値は輝いて

 黄金の湯浴みは沁みていく

 資本で練った肉体を

 蔑みながら頬杖をつけ

 虚飾の秤を正規にさせよ

 揺り籠から棺桶までの戦場において

 幾重にも巻いた暗幕を剥がすな

 劇は 舌先

 真似事の愚者を 更に演じ

 過剰な消費に付き従え

 児戯にも似た貴賤を並べよ

 貨幣の香りの皮袋

 誰もが突き上げたく為る様な

 豪奢な者も 豪奢な者も 豪奢な者も

 事案の中の皇帝は

 組み込む挙句に搾取せよ

 酸を手で掬う如く

 報われる事はないから

 幻影を現実に

 腰で労うことが総てに

 奉仕の為に書き換えよ

 贅を尽くした果実を分けるな

 届かない距離は不遜に求め続ける末

 彼岸の物を求める事は 無知為る者の常套句

 魂とは死臭 


<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する