人魚鞭【MermaidMermaid】バラ鞭 #WHIP

¥ 100,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料1円が掛かります。

※55,000円以上のご注文で送料が無料になります。

人魚鞭【MermaidMermaid】バラ鞭 #WHIP

人魚の呼び名

英語ではマーフォーク と言い、特に若い女性の人魚はマーメイド または男性の場合はマーマン と呼ばれる

人魚の外観


ヨーロッパで伝えられるものと、中国・日本の伝承とでは、水域に棲み人と魚の特徴を併せ持つという以外は、形状や性質が大きく異なる。

ヨーロッパの人魚は、上半身がヒトで下半身が魚類のことが多い。裸のことが多く、服を着ている人魚は稀である。

伝説や物語に登場する人魚の多くは、マーメイド(若い女性の人魚)である。
一方、東洋の人魚のイメージは、ヨーロッパの人魚のイメージを蛇女房、龍女房伝説と重ね合わせたもので、不知火や仙崎のお静伝説(不死の肉により八百年生きる少女の話)をも取り込み、八百比丘尼伝説が生まれることとなった。

人魚姫





人魚の王の6人の娘たちの内、末の姫は15歳の誕生日に昇っていった海の上で、船の上にいる美しい人間の王子を目にする。嵐に遭い難破した船から溺死寸前の王子を救い出した人魚姫は、王子に恋心を抱く。その後偶然浜を通りがかった娘が王子を見つけて介抱した為、人魚姫は出る幕が無くなってしまう。人魚は人間の前に姿を現してはいけない決まりなのだ。だが彼女はどうしても自分が王子を救ったと伝えたかった。

人魚姫は海の魔女の家を訪れ、声と引き換えに尻尾を人間の足に変える飲み薬を貰う。その時に、「もし王子が他の娘と結婚すれば、姫は海の泡となって消えてしまう」と警告を受ける。更に人間の足だと歩く度にナイフで抉られるような痛みを感じるとも。王子と一緒に御殿で暮らせるようになった人魚姫であったが、声を失った人魚姫は王子を救った出来事を話せず、王子は人魚姫が命の恩人だと気付かない。


そのうちに事実は捻じ曲がり、王子は偶然浜を通りかかった娘を命の恩人と勘違いしてしまう。

やがて王子と娘との結婚が決まり、悲嘆に暮れる人魚姫の前に現れた姫の姉たちが、髪と引き換えに海の魔女に貰った短剣を差し出し、王子の流した血で人魚の姿に戻れるという魔女の伝言を伝える。人魚姫は愛する王子を殺せずに死を選び、海に身を投げて泡に姿を変えた。そして、人魚姫は空気の精となり天国へ昇っていったが、王子や他の人々はその事に気付く事はなかった。

そんな人魚が好きで鞭を作りました。
【MermaidMermaid】

メタリックパープルとグランギニョルブルーの8本編みのグリップ・23cm
房・84cm

房は長めで柔らかくスタッズが打ってありますので速度が出やすいです。

巻きつく感じです。

海中をイメージ視したスタッズに房は総手染めです。
重ねぞめです。

どうしても王子を殺すことは出来ず、自分の首に短剣を向けたときに流した涙

チャームはマーメイドとブルーのキラキラです。

スタッズは大きめアクア中心に、ブルー、クリア、ラウンドなどをバランス配置しました。

革は重ね染めです。

完全一点モノ

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する